インターネットを見ていると、自分が一度チェックしたサイトの商品や、それに関連する商品の広告が出ることがあります。

これ、ターゲット広告というものらしいですね。

キャッシュやツールバーなどからその人の情報を収集し一度みたサイトの広告やそれに関連する商品の広告を表示するというものです。

戦略とはわかっていながら、やはり自分が興味のある広告は思わずクリックしてしまうものです。

いま私がチェックしているのは白髪染め。

最近白髪が目立ってきました。

生え際は以前からあったのですが、内側の髪の毛なので簡単に隠すことはできました。

ところが最近は頭頂部の白髪が目立ってきているのです。

私は髪が太くて硬いので、白髪がピンと立ってしまってとても目立ってしまいます。

美容院では、まだ白髪染めまでいかなくておしゃれ染めをしてもらっていますが、どのレベルで白髪染めに切り替えればいいのでしょうか。

美容院のスタッフは、まだおしゃれ染めでカバーできるので、もし頭頂部の白髪が気になるようなら、マスカラタイプやファンデーションタイプの白髪隠しで対応しておいた方がいいかもしれない、と話していました。

白髪染めという言葉には、抵抗がありますね。

もう若くない、おばさんの仲間入りというイメージがあるからです。

とうとう私もそんな年齢になったのか、と思ってしまいます。

私は40代前半ですが、白髪染めをする年齢になったのか、と思うとテンション下がりますね。